ヒアルロン酸を注入すると周りから褒められるようになりました

若い頃から老け顔であることが気になっていました

若い頃から老け顔であることが気になっていました | ヒアルロン酸注入であれば比較的手軽に老け顔を改善できそうだと感じた | 老け顔が気にならなくなる年齢まではヒアルロン酸を入れていきたい

若い頃から老け顔であることが気になっていました。
昔から老け顔が原因で写真写りも悪く、社会人になってからほうれい線のせいだと気づけるようになりました。
しかしながら、痩せているときも太っているときもほうれい線が目立つので、もともとの造形の問題で仕方がないことだと諦めるようになったのです。
自分は老け顔なので仕方ないと諦めて生活していたのですが、子供が大きくなってきてから再び気になるようになってきました。
自分自身がバカにされてもそれほど気にならないのですが、子供の友達が「お母さんの顔おばあちゃんみたいだね」と言ってきたのです。
それを聞いた子供は泣いてしまい、こちらまでつらくなってしまいました。
老け顔であることを指摘されるのは構いませんし、小さい子供が言ったことなので起こる気にもなりません。
けれども、それによって我が子が傷ついてしまうのであれば話は別です。
一緒にいたその子のお母さんが叱ってその場は終了しましたが、どうにかしなければならないと思うようになりました。

ヒアルロン酸注入とエランセでバランスよく自然な若々しさ!【全顔カスタマイズ】 https://t.co/sOacXPOJCK

— れいな先生@きれいな肌に育てる美容皮膚科 (@reina_sensei) November 23, 2021